ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>
リンダ・グラットン、プレジデント社、2012
原著 The Shift, 2011
2849冊目

2025年、わたしは70歳になる年だが、その時に働き方がどう変わっているか。
どのような仕事観を持っているか。
どのような仕事をしたいと思うのか。
どのような希望を抱くのか。
何を不安に思うのか。

未来の見取り図を描き出すために、要素を描き出すことにしたと著者は前書きでいう。
それが五つの要因だ。

要因1 テクノロジーの進化
要因2 グローバル化の進展
要因3 人口構成の変化と長寿化
要因4 社会の変化
要因5 エネルギー・環境問題の深刻化

それぞれについてさらに詳しい項目が合計32紹介されている。そして、それらの要因から「なってしまう未来」(漫然と迎える未来)にするのか「なりたい未来」(主体的に築く未来) を選ぶのかを考えて、今日から行動しようと提案している。

要因1 テクノロジーの進化 10の現象
1.テクノロジーが飛躍的に発展する
2.世界の50億人がインターネットで結ばれる
3.地球上のいたるところで「クラウド」を利用できる
4.生産性が向上し続ける
5.「ソーシャルな」参加が活発になる
6.知識のデジタル化が進む
7.メガ企業とミニ起業家が台頭する
8.バーチャル空間で働き、「アバター」を利用することが当たり前になる
9.「人工知能アシスタント」が普及する
10.テクノロジーが人間の労働に取って代わる


要因2 グローバル化の進展 8つの現象
1.24時間・週7日休まないグローバルな世界が出現した
2.新興国が台頭した
3.中国とインドの経済が目覚しく成長した
4.倹約型イノベーションの道がひらけた 途上国でコストをかけないイノベーションが進んだ
5.新たな人材輩出大国が登場しつつある
6.世界中で都市化が進行する
7.バブルの形成と崩壊が繰り返される
8.世界の様々な地域に貧困層が出現する


要因3 人口構成の変化と長寿化 4つの現象
1.Y世代の影響力が拡大する  (1980-95年生まれ)
2.寿命が長くなる
3.ベビーブーム世代の一部が貧しい老後を迎える
4.国境を超えた移住が活発になる

要因4 社会の変化 7つの現象

1.家族のあり方が変わる
2.自分を見つめ直す人が増える
3.女性の力が強くなる
4.バランス重視の行き方を選ぶ男性が増える
5.大企業や政府に対する不信感が強まる
6.幸福感が弱まる
7.余暇時間が増える

要因5 エネルギー・環境問題の深刻化 3つの現象
1.エネルギー価格が上昇する
2.環境上の惨事が原因で住居を追われる人が現れる
3.持続可能性を重んじる文化が形成される

【その他のキーワード】
社会と関わるミニ起業家  189
専門的な技能の連続的な習得者へ 236
協力してイノベーション 301  
善良に積極的に振る舞う情熱を傾けられる経験へ 336


仕事の世界で必要な三種類の資本  232

第一の資本: 知的資本 知識と知的思考力
第二の資本: 人間関係資本
第三の資本: 情緒的資本  自分を理解し、深く考えて選択し、自分を鼓舞する強靭な精神


今後価値が高まりそうなキャリア  248
・草の根市民活動家
・社会起業家
・ミニ起業家面白い!

[PR]
by eric-blog | 2017-07-27 08:44 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< ハウジングプア 「住まいの貧困... 相模原事件 一年が経ちました。 >>