発達障害は治りますか?

発達障害は治りますか?

神田橋條治、ほか、花風社、2010

2846冊目


発達障害の人も発達する。


「治る」という言葉は障害のある人を「正常」にするニュアンスがあるなあ。


神田橋先生は、自閉症の人たちが示す症状に意味があるという。


そして、彼は「どうすれば治療できるか」を考える。

発達障害は、脳のシナプス結合に課題がある状態なので、どう刺激すれば繋がるかを考えながら、治療するということ。


脳のシナプス結合の課題のせいで現れる「二次障害」に振り回されているのが現実。さらに、その診断を間違って治療することで三次障害も起こしているという。


自殺未遂も、意味がある。


治療の現場も、発達障害の現実も知らない読者としては、この手の本はよくわからない。



[PR]
by eric-blog | 2017-07-22 08:57 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< デザイン・イズ・デッド? 現人神から大衆天皇制へ 昭和の... >>