現人神から大衆天皇制へ 昭和の国体とキリスト教

現人神から大衆天皇制へ 昭和の国体とキリスト教

吉馴明子、伊藤彌彦、石井摩耶子、刀水書房、2017

2845冊目


天皇制を今も再生産させるものが、現存する。


法律で「世襲」とされていること。ヒロヒトは124代なのか?

憲法の運用、国事行為以上の「公的行為」を行なっている。

宮中祭祀  これがキモさの極致かもな。


学校教育において「天皇を敬愛する教育」を進める。26

自衛隊、自衛艦による靖国参拝

被災地の訪問、見舞金などによる「国民を感激」させる行為

天皇制批判のタブー化



1941624日、富士見町教会において日本基督教団創立総会が開催された。

『教団時報』創刊。815日第一号

「福音に生きる事が最も君に忠、国に忠なることを信じて、この時局に於いて吾等日本基督教団の信徒は捨身になって奉公していくのである」163


国防献金の実施。


1942年、教団統理者富田満、総務局長鈴木浩二は伊勢神宮への参拝を行なった。164

194261-6日第一回「教師錬成会」開催。宮城遥拝、君が代斉唱、文部省宗教局長阿原謙蔵による講演会。「日本基督教の確立」と「東亜諸国の基督教を指導」を求められる。167

全員で靖国神社参拝。


松下圭一『大衆天皇制論』皇太子妃ブームが象徴天皇制を根付かせた。321


断続と連続



日本のキリスト教界は全般的に、同時代の朝鮮半島のキリスト信徒と比べて、天皇制ファシズムに対する抵抗を十分に展開することができず、神学的にもその危機を捉えることができなかった。331


戦後においても未だに未解決。


「内なる天皇制の磁場」


羽田の靖国参拝

http://d.hatena.ne.jp/religious/20120815/p1


ま、こんなことが平気で行われ続けているわけで・・・



[PR]
by eric-blog | 2017-07-21 16:10 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 発達障害は治りますか? 紀元2600年 消費と観光のナ... >>