正社員消滅

正社員消滅

竹信三恵子、朝日新書、2017

2839冊目


労働問題、ジェンダーの問題に詳しい著者が、今の非正規労働化の現実に切り込んでいる。


1. 正社員が消えた職場 店長もバイト、郵便局、メーカー、公務員、

2. 正社員の「解雇」しやすさを推進する「転職」・リストラ

3. 働き方改革

4. 労働者保護はずし


キーワードだけ書き出しても、今年の流行語はこれで満たされるのではないか。


「全身会社員」「内面支配」「高拘束」「正社員追い出しビジネス」


安倍政権は正社員が増加したと豪語するが、「正社員」の質を変えているだけ。待遇は非正規のまま、正規化。


なんのために改革しているのか?


「働き方改革」

「女性が輝く」


非正規が35%になったら、雇用を切られた時に「帰る」場所のない人が生まれた。225


加えて、非正規労働が労働の質そのものの低下につながった。悪貨が良貨を駆逐する。「女性の労働が労働の沈め石」だったものが「非正規が労働の沈め石」になってしまったのだ。


「働き手の側に力を」のためのポイントが最後にまとめられている。230-


1.「正社員の身分を守る」という発想から抜け出そう

2. 自分の法律顧問を持とう。

3. 働き手のネットワークをつくろう。

4. 情報を収集しよう。

5. 辞める権利と辞めない権利を生かそう。

6. ライフスタイルを点検する

7. 企業や政府からの「働き方改革」に振り回されず、働き手の目線からの改革を提唱して行こう。



[PR]
by eric-blog | 2017-07-17 11:14 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< スマホ廃人 ERICnews541号 GS... >>