自閉っ子、こういう風にできてます!

自閉っ子、こういう風にできてます!

ニキ・リンコ、藤家寛子、花風社、2004

2836冊目


その10年後に「自閉っ子、こんな風に生きています」的な続編、続々編が出ている。それなりに、漫画家、エッセイストとしてお二人は生きているようである。よかった、よかった。


身体感覚の違いなど、どう説明されても、わからないとしか言いようがない。

また、言葉をそのままの意味で受け取るとか。「ごはん食べよう」とは米粒のことかと、思ってしまうとか。


昔も、いたんだろうなあ。地域って、変な、というか、外れた人、いたよ。

でも、そんな人も祭りの時には生き生きするとか、釣りに関してはすごいとか、あるいはエヘエヘしていても、和んでいるとか、誰かが面倒見ているとか。


カテゴリーは診断としては必要なのだろうけれど、そのカテゴリーが正解でも内容も思える。ものすごい違いが「自閉症」のカテゴリーの中にもあるんだ。


診断の結果、手立てがあるのであれば、カテゴリーにも意味があるけれど。


って、一応三冊読みましたが、うーーーん、何を分かれと言われているのかなあ、この個別性について。



[PR]
by eric-blog | 2017-07-08 11:03 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 日朝正常化の密約 第三の脳 皮膚から考える命、こ... >>