第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界

第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界

伝田光洋、朝日出版社、2007

2835冊目


『皮膚は考える』2005


資生堂のライフサイエンス研究センターの研究員。なるほど。


皮膚はすごいセンサーを持っているできシステムである。

うまく制御が効かなくなることが「老化」72


脳は遍在する。そして、皮膚は第三の脳。

人間では脳と身体で心が作られている。



そのために様々な「超能力」のような現象も説明できると。106


視覚障害者のハチマキをさせると「見えなくなる」という。123


皮膚の不思議が詰まった本である。



[PR]
by eric-blog | 2017-07-07 12:49 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 自閉っ子、こういう風にできてます! 入門 家族社会学 >>