入門 家族社会学

入門 家族社会学

永田夏来、松本洋人、新泉社、2017

2834冊目


家族の変化の三段階


近代家族成立以前

近代家族、役割分業による「主婦」の成立

ポスト近代、「脱主婦化」


そして、「主婦」を支えた「男性稼ぎ手モデル」と「企業福祉」と「女性の無償労働による福祉の負担」。


しかし、これが揺らいだ時、先進国では、様々な対応があった。


自由主義

社会民主主義

保守主義


女性革命を進めること。女性の就労と断じ平等を公的責任で支援する。228


と、ざっと見てきたが、「家族社会学」がその名前を変える頃、変化が具体的に起こっているような気がする。


教科書にできるようなものとして編集されているのだから、目新しいものがないのは当然か。



[PR]
by eric-blog | 2017-07-07 12:14 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 第三の脳 皮膚から考える命、こ... 財政から読みとく日本社会  君... >>