ERICニュース547号より 連載「グローバル・セミナー」

◆◇第6回 グローバル・セミナー(1994.11.26-27)
・テーマ:「わたしから始まる国際理解教育-自己理解と参加」
・ 講師:エリザベス・キャリスター(ニューサウスウェールズ州教育委員会教育政策主任、"ME YOU and OTHERS" 著者 /オーストラリア)
    向鎌治郎(オープン・ドア日本協会)
    稲垣有一(大阪市立平野小学校)
    角田尚子(ERIC)
・翻訳出版:『わたし、あなた、そしてみんな~人間形成のためのグループ活動ハンドブック』

第6回グローバル・セミナーは、日本国際理解教育学会、東京YMCA国際奉仕センター、ERICの三団体が協力して開催しました。
この年は1月にもグローバル・セミナーを開催、1年間に3冊の翻訳出版を行っており、設立5年目のERICの勢いが感じられます。

「自己を肯定的に、自信を持って、価値のある存在であると感じることができれば、周りの人々にもそれが反映していきます。そして周りの人との関わりの中でそれを感じることができれば、自分を再認識することになります。つまり、自らの「 生」が他の人の「生」との関わりでより豊かになっていくのです。同時に、他の人々、ひいては社会や世界が豊かになっていくと言えるでしょう。よりよい世界、持続可能な地球の創造には、個人の資質や力量を高めることは不可欠なのです」( 『わたし、あなた、そしてみんな』より)

今年度のERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジは、スキル編としてまさに「わたし」「あなた」「みんな」の計3本を予定しています。
スキル習熟だけにとどまることなく、スキルの背景にある価値観についても学びあえる場になるはずです。
みなさんのご参加お待ちしています。

*第6回グローバル・セミナーのプログラム、紹介記事はこちらからご覧になれます
http://eric-net.org/project/global_seminar/gs94_news2.pdf

*テキスト『わたし、あなた、そしてみんな』を紹介したERIC NEWSアーカイブはこちらからご覧になれます
http://archives.mag2.com/0000004947/20061022070000000.html

*テキストのご注文はこちらからどうぞ
http://eric-net.org/text-order.html

* ESDファシリテーターズ・カレッジ2017のご案内です
http://eric-net.org/news/ESDfc2017moushikomi.pdf

◇《addition》第5回グローバル・セミナーのハンドアウト、資料(日英表記)
「協力は複雑な芸術」「質問の分類」「グローバル教育の四つの次元」ほか、シニカルでユーモラスなイラストが取り入れられた資料が、セミナーでどのように活用されたのだろう、と思わずにはいられない内容です。ご参考ください。
http://eric-net.org/project/global_seminar/gs94_handout.pdf

[PR]
by eric-blog | 2017-06-26 10:43 | ERICニュース | Comments(0)
<< フィンランドの教育  死体格差 解剖台の上の「声なき... >>