明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

原田伊織、毎日ワンズ、2015

2722冊目


上総請西藩、林忠崇。1867年に19歳で家督を継いだ。


大名ではあったが、爵位は与えられず、下級官吏などを転々として昭和16年に死亡。


琴となり 下駄となるのも 桐の運


近代は近世よりもより文明的なのか?


今の時間軸は長州・薩摩政権が描いた歴史でしかないと、著者は言う。


明治維新とはテロリストが跋扈した革命だったのだと。


歴史にもしはないが、「もし」、著者が言うように、賊軍と官軍が入れ替わっていたら、どうなっただろうか。


幕府の骨格を残しつつ、どんな民主国家になり得たのだろうか。


この本には「会津版」が出ている。特に東北諸藩がいかに戦ったかについて、詳しい。






[PR]
by eric-blog | 2017-03-10 14:12 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)
<< 人権研修 6時間 林業がつくる日本の森林 >>