ブレイクアウト・ネーションズ 「これから来る国」はどこか?

ブレイクアウト・ネーションズ 「これから来る国」はどこか?

ルチル・シャルマ、早川書房、2015

2804冊目


http://eliesbook.co.jp/review/2015/05/『ブレイクアウトネーションズ』ルチル・シャル/


欲望の資本主義


を見る会に参加した。NHKの正月番組だったのですが、みんなで見るのも面白い。


https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2225460/index.html



その中で、このシャルマさんに出会った。何を見ているか。


「第一都市」と「第二都市」の規模の格差。


これで見ると、日本はブレイクアウトできないなあ。


「一つの時代は、その基本的な幻想が使い果たされた時に終わると言って良い。」アーサー・ミラー


終わっているにもかかわらず未だに市場を捉えているのが「コモディティのスーパーサイクル」(原油から銅、銀、繊維、とうもろこし、だいずなどのコモディティ価格の長期間に弥上昇トレンド)366


それが楽観論の基盤になっている。コモディティ


チェコ

韓国


国民所得が1万ドルから15千ドルの諸国では、トルコ、ポーランド


中国は脅威か。


国民所得が米国の10分の一、総生産もまだ1/3の国である。また、成長率にも陰りが見えてきている。


インドはどうか。


原油埋蔵量世界一のベネズエラのインフレ。危機的状況。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5123.php



[PR]
by eric-blog | 2017-06-05 11:22 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 国連特別報告者デイビッド・ケイ... 認知症になってもだいじょうぶ!... >>