認知症になってもだいじょうぶ! そんな社会を創っていこうよ

認知症になってもだいじょうぶ! そんな社会を創っていこうよ

藤田和子、徳間書店、2017

2803冊目


本人が認知症になって、自分の状況をfacebookなどに書き込んだものをまとめたもの。


日本認知症ワーキンググループを立ち上げ。



「日本認知症ワーキンググループ」 設立趣意書

https://www.facebook.com/ninchisyotoujisyanokai/posts/812117405506760

【ワーキンググループで果たしていきたいこと : ミッション】
○ 全国、各地域の認知症の本人の声を代弁
○ 認知症の本人に関係する政策・施策への提案とフォロー(モニタリング)
○ 社会の認識を変えていく(偏見・差別の解消)
○ 認知症の本人の生きる希望や力を高める
○ 認知症の本人がその後をよりよく暮らしていくための早期診断、良質な診断後支援のありかたの提案・全国すべての地域での普及
○ 認知症の本人が、発症後の人生を自分らしく、よりよく暮らしていくための良き理解者・支援者となる医療・介護をはじめとした様々な専門職、地域住民、あらゆる分野の人たちを増やす

[PR]
by eric-blog | 2017-06-05 10:31 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< ブレイクアウト・ネーションズ ... 新聞の使い道 >>