ERIC NEWS 495号 ともによりよい質の教育をめざして  2016年6月27日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ERIC NEWS 495号 ともによりよい質の教育をめざして  2016年6月27日
ESDファシリテーターズ・カレッジ! すべての学びを参加型で!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(文責: かくた なおこ 角田尚子
http://ericweblog.exblog.jp/
twitter : kakuta09  FBもやってます。)

6月26日は、主催研修第一回の『テーマ「国際理解」』の二日目であり、ERICの第15/25期の総会でもありました。

熊本や大分からのお便りには、まだまだ落ち着かない状況が伝えられています。何か、できることがあれば、ぜひ、実践したいところです。

そうだ、夏休みは、九州に行こう!

北区の図書館でゲットしたリサイクル本に『平和博物館戦争博物館ガイドブック』があり、週五プロジェクトでも紹介しました。
http://ericweblog.exblog.jp/22932002/

その著者である歴史教育者協議会のホームページを見たら、なんと今年の全国大会が沖縄で開催されるではないですか!
http://www.rekkyo.org/wordpress/wp-content/uploads/2016/04/02c9bdd1003e8951531432f9450e59a5.pdf

大会初日の記念講演は名護市で、稲嶺市長が行う、辺野古にも行きたい行きたいと思いながら、いまだに行けていないし、と、参加を決めました。お宿はAirbnb! うふふふふ。楽しみです。

多くの人が関心を持ってくれればいいなあ。

そうだ! 九州にも行こう!

お世話になっている熊本の状況を見に行かなければ。



◆◇◆目次◆◇◆
◆◇◆1.  ESDfc ERIC主催研修ESDファシリテーターズ・カレッジ 2016年度第一回 テーマ「国際理解」終了しました。
◆◇◆2.  ERIC2016年度第15/25期総会 終了しました。

◆◇◆3.  2016年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ
◆◇◆4. by ERIC これまでの活動


◆◇◆1.  ESDfc ERIC主催研修ESDファシリテーターズ・カレッジ 2016年度第一回 テーマ「国際理解」終了しました。◆◇◆

在庫移動のために事務所内の徹底断捨離をすすめている中、ごった返した環境で行いました。今年の主催研修参加者には、レッスンバンクの在庫、無料で差し上げています! お片づけに、みなさまの貢献を御待ちしています!

今回の参加者は、名古屋のNIEDとのご縁で参加された方一名。
ファシリテーターはかくたと佐藤宏幸さんと、なんとも贅沢なメンバーです。

ファシリテーター・ハンドブックを徹底的に活用することができた回でした。いやあ、このハンドブック、作ってよかったなあ。

このメールを御届けしているファシリテーターの皆サーーーン、このハンドブックを活用して6時間研修、12時間研修など、開催しませんかああああ?!

と叫びたいような、内容でした。

まだ記録は作成していませんが、成果物などは以下のDropboxから閲覧可能です。記録も作成次第、ホームページにアップいたします。
https://www.dropbox.com/sh/jpnz1mjatrpho4n/AAABxK15PR-xBxqgsgGAemCNa?dl=0

アクティブ・ラーニングにつながるアイデアも、「AL数え歌」で共有しました!
まだ、八番までですけれどね。

Creative and Active Learning Life/League CALL

CALLには「神からの呼びかけ」という意味もありますね。
ぜひ、ALを推進するアドバイザーになってください!

まだ八番までしかできていませんが、数え歌。流行らせてください!
https://www.dropbox.com/s/xnxg2ssbmvk2nd7/AL%E6%95%B0%E3%81%88%E6%AD%8C.mov?dl=0

今回も、とてもおもしろい学びでした。記録をお楽しみに!

◆◇◆2.  ERIC2016年度第17/27期総会 終了しました。◆◇◆

1989年の設立から27年。NPO法人格取得から17年。今年も総会を無事終えることができました。

今年は、「ごちそう缶詰」で防災炊飯体験を懇親会で行いました。
カセットボンベのガス100gほどで、五袋のごはん(500g)と缶詰8缶の温めができました。炊飯袋を使って20分ほどで炊き上げました。

今回買った炊飯袋は「お袋さん」という厚手の不織布を使ったもの。袋に水は入れず、袋の中に鍋の中のお湯が入り込む形。一袋あたり0.4lほどの水が必要ということだったので2リットル強の水を湧かしました。炊きあがった時には、鍋にお湯はほとんど残っていませんでした。不思議ですね。ごはんを炊く時は米と同量か1割増程度の水で炊くのにね。

袋は丈夫なのですが、炊きあがったごはんを取り出すのに、一苦労。
マンション理事会の時に使った炊飯袋の方が、防災用に備蓄しておくのであればいいと思いました。「ハイゼックス炊飯袋」です。こちらは、水と米を袋に入れてしっかり口を縛って鍋に入れるので、鍋で湧かしたお湯はその後も使いやすいのが利点です。

鍋があるなら、鍋で直接ごはんを炊くのでいいじゃないかとも思いますが、使ってみると、配膳の簡単さに驚きました。これなら簡単に、いつでも「子ども食堂」なんかもできると思いました。サバイバル防災料理で「子ども食堂」? 備蓄が義務になっている会社や工場で、月一回ぐらい、やってくれないかなあ。備蓄の新陳代謝を兼ねて。ね?

さて、総会で、テキストの在庫処分に伴う「廃棄」についても了承されました。財務諸表の上では、かなり大きな動きになるので、心の準備も必要ですね。

今後提供するレッスンバンクの価格改定についても検討しました。というのも、いまのレッスンバンクの価格は、コピー代ももっと高かった時代に考えたものなのです。改定価格は一ページ20円。一回の注文で、送料と手数料を合わせて200円を一律で。
http://www.eric-net.org/lessonbank01.html
近日中に価格を改定した表をホームページにアップいたします。

いろいろなアイデアが詰まったレッスンバンクにも、親しんでいただけると幸いです。
[PR]
by eric-blog | 2016-06-28 11:56 | ERICニュース | Comments(0)
<< アクティブ・ラーニング数え歌 GPWU第11回 サービス学習... >>