ERICnews490◯by ERIC5月22日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ERIC NEWS 490号 ともによりよい質の教育をめざして  2016年5月22日
ESDファシリテーターズ・カレッジ! すべての学びを参加型で!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(文責: かくた なおこ 角田尚子
http://ericweblog.exblog.jp/
twitter : kakuta09  FBもやってます。)

前回のERICニュース byERICから約1ヶ月。ちょうど熊本地震の直後の配信でした。驚くほど頻繁に続く余震の中、被災された方も、支援されている方も、疲労が重なっていることと思います。

遠くにいて、お話をすることも、マッサージをすることも叶いませんが、小さなことにも歓びがあれば、心が軽くなるかもしれませんね。

時にははるかな空、たなびく雲、緑の山々を見晴るかすことも、心を広くしてくれるかもしれませんね。

後から思い出せば、よく動けたなあ、なんて、自分をほめてあげたりもして。

身を守るために、堅くなっている背中を意識して、ネニョロでほぐしてみれば、柔らかさが守ってくれる命があることも、見えるかもしれません。守るのに必要なのは、強い力だけではないですよね。

ERICも田端から事務所を引っ越して13年。遅くなってしまっていますが、熊本の倉庫を年度末に整理するつもりで、「断捨離」中。

13年間、日の目を観なかったものもあるようで。驚きの連続です。

捨てながら、生きるために必要なものは、「いま」を回していくものだけで、過去や未来は、自分の中にあるものだけが生きているものなのだなあと、つくづく思います。

伝え続けなければ、ないのも同然なのです。

改めて、よりよい質の学びの場をすべての学習者に。

これまでの実践、これから実践したいことを、改めて、発信していこうと思いました。


◆◇◆目次◆◇◆
◆◇◆1.  TEST in 大阪2016 終了しました! CALLingが聞こえたようです。
◆◇◆2.  ERIC事務所大改造! レッスンバンク在庫処分中! これを機会に、セットで、まとめて、大人買い!
◆◇◆3.  2016年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ
◆◇◆4. by ERIC これまでの活動


◆◇◆1.  TEST in 大阪2016 終了しました! CALLingが聞こえたようです。◆◇◆

場所とりをしていなかったので、人集めもプログラムもゆるゆると始まった今回のTEST。

三つの「アクティブ・ラーニング」のパターンを準備、検討していく中で、「アクティブ・ラーニングの落とし穴」を考えました。

現在もFacebookで「アクティブ・ラーニングを座礁させない澪標づくり」というグループで、情報交換、共有をしています。興味のある方は、かくたまでご連絡ください。

プロジェクト名以外に、これもTESTの中で共有されたCALLというグループ名もつけました。

Creative and Active Learning Life/League CALL

CALLには「神からの

ブログはこちら
http://ericweblog.exblog.jp/22796303/
Dropboxの記録はこちらから
https://www.dropbox.com/sh/exn5sonhmvgh26l/AACvCTFtoFHV9SyyuG2Tqb1ea?dl=0

「澪標日めくりカレンダー」の製作にも取り組みたいと思っています。
間違われることがないように、すべての要素を入れた略称を考えようかなと思いました。

Participatory参加して参加のスキルが身に付く学習であること。
Creative創造的な学習であること。
Active積極的な学習であること。
Serviceサービス学習であること。
Citizenship市民性教育であること。
Ecological and Environmental環境教育であること。
Global国際的な視野の学習であること。
Diversity多様性教育であること。
Interactive相互作用のある学習であること。
Engaged関与する学習であること。
Empoweringエンパワーする学習であること。
Right-based 人権尊重に根ざした学習であること。

辞書ができそうですね。うーーん、日めくりは数字で行こうと思っていましたが、ABCの方がいいかも?

記録はブログなどを観ていただくとして、三つのアクティブ・ラーニングの事例を検討しました。

1. 中学校三年生 数学「相似」
2. 小学校一年生 生活科「アサガオを育てよう」
3. 開発教育教材 「マナミヤ」アフリカ農民女性の体験シミュレーション・ゲーム

「アサガオ」では今昔を比較し、どのような「変化のパターン」があるかを分析しました。

・画一化、均質化、製品化、商業化、外部化、
・失敗しないプロセス(手順)によって保障された結果の学習

これらの傾向は、決して「アサガオ」だけに現れている傾向ではありません。同様の「ドライブ=駆り立てる力」は、学校教育全般にかかっているプレッシャーだと考えるべきでしょう。

これからのアクティブ・ラーニングも同様のプレッシャーの元で展開されていくことは、知っておくべきものだと思います。

今回は、「相似」の問題について、まとめておきたいと思います。

■TEST in大阪の分析で、共有された「学習の補助線」のポイント

「生徒一人ひとりが生き生きと学ぶ」とは、決して「数学」的正確さや結果のことだけではないことをまず確認しよう!

これまでに学んだことを掲示
➢相似とは「合同」な三角形の拡大縮小形であること。
➢三角形の相似は三条件で確認できる。
➢式で使われている記号(△、角と角度、相似、合同など)
➢対応する三角形と角と辺の標記のルール

解く時のコツがわかるような掲示
「答え」を共有するのではなく、「わかるプロセス」を共有することを生徒に繰り返し伝える。「答え」だけ書き写す行動がなくなるように。
「解けた人」が解いた手順を語れるようにする。解答のアルゴリズムの確認。
「わからない」ということを言う、質問する、確認をすることがしやすい関係性、グループ作業をすすめるための言葉かけが必要。

学習の補助線として三つあると思いました。
○数学的思考、相似について考えることを援助する。
○学習のプロセスが大切であること、「答え」ではなく「考え方」「考える力」につながる援助を行う。
○グループの中での「学びあい」がしやすくなるような人間関係についての援助を行う。

数学というDisciplineディシプリンに熟達することが目的ではないことは、しっかり抑えておく必要があります。数学的思考は日常生活に必要であり、役に立ちます。しかし、その熟達そのものが「生徒一人ひとりの生き生きとした学び」を構成するものではない。(でも、目指していけないものでもない・・・・?)

なかなか、教科担当者は、そうは思いきれないのですけれどね。貧乏性だね。

TESTでの成果物も含めた記録は以下からご覧いただけます。
https://www.dropbox.com/s/9ttmor4cjwxnwsa/相似の授業について考える.docx?dl=0

とてもおもしろい学びでした。

◆◇◆2. ERIC事務所大改造! レッスンバンク在庫処分中! これを機会に、セットで、まとめて、大人買い!◆◇◆

レッスンバンクの版下は、無事にいただいてもらいました。ありがとうございます。活躍の場があるといいなあ。

■レッスンバンク2016年在庫処分リスト.xlsx        
■レッスンバンク2016年在庫処分リスト追加

特に、レッスンバンク追加分には「マナミヤ」「クロマグロの悲劇」「ワールド・カード」など大型アクティビティのための備品が紹介されていて、すぐ使える!
売り切れご免の早いもの勝ちです。

◎「レッスンバンク在庫処分リスト」はexcellのままで載せています。印刷すると20ページ近くになってしまいます。ぜひ、表計算ソフトでご自身の関心のあるテーマ、課題、対象などで検索してみてください。アクティビティの名前に触れるだけでも、アイデアにつながります!

http://www.eric-net.org/lessonbank01.html


◆◇◆3.  2016年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ日程 ◆◇◆

前期のテーマ・コース三本と後期スキル・コース三本です。

2016年度の日程は以下です。開催要項は順次ホームページにアップいたします。
その他、疑問の点はなんなりと御問い合わせください。
■2016年(平成28年)6月25日26日テーマ「国際理解」 
■2016年(平成28年)7月30日31日テーマ「PLT木と学ぼう・環境」 
■2016年(平成28年)9月24日25日テーマ「人権」 
■2016年(平成28年)10月29日30日スキル「対立から学ぼう」 
■2016年(平成28年)11月26日27日スキル「未来を学ぼう」
■2017年(平成29年)3月下旬予定TEST教育力向上講座
                     <いずれも、土日実施、各回参加費2万円>

■2015年度の主催研修の記録はホームページおよびブログに載せています。ERICホームページはこちらから。
http://www.eric-net.org/by-eric.html#AT

以下は、ブログ記事です。
■2015年(平成27年)6月27日28日テーマ「国際理解」 
http://ericweblog.exblog.jp/21486407/

■2015年(平成27年)7月25日26日テーマ「PLT木と学ぼう・環境」  http://ericweblog.exblog.jp/21488427/

■2015年(平成27年)9月26日27日テーマ「人権」 
http://ericweblog.exblog.jp/21688691

■2015年(平成27年)10月24日25日スキル「対立から学ぼう」 
http://ericweblog.exblog.jp/21780337/

■2015年(平成27年)11月28日29日スキル「未来を学ぼう」
http://ericweblog.exblog.jp/21882789


■with ERIC プライベート・ワークショップ 次の予定は6月11日です。
[PR]
by eric-blog | 2016-05-20 11:03 | ERICニュース | Comments(0)
<< 「共助」のちから 20年の活動... 夫に死んでほしい妻たち >>