ERIC NEWS 468号 ともによりよい質の教育をめざして  2015年12月20日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ERIC NEWS 468号 ともによりよい質の教育をめざして  2015年12月20日
アクティブ・ラーニング、チーム学校、学び続ける社会を生きる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(文責: かくた なおこ 角田尚子
http://ericweblog.exblog.jp/
twitter : kakuta09  FBもやってます。)

12月も三分の二が過ぎて、つまりは今年も後残すところ10日ばかり。
いかがお過ごしですか?

ERICも倉庫の移転先も決まり、在庫処分のご協力も受付はこの年末までとさせていただき、年度内に、事務所への在庫の移転、静岡への移転などを完了させたいと思っています。

去年からファシリテーター養成講座のスピンオフ発展企画を12月から2月3月の主催研修空白期間に実践しています。去年は「犯罪弱者」というキーワードで講座を三回行いました。

今年は「文明病」をキーワードに上映会と連続講座を企画しました。

こくちーずはこちらから
12月23日 ナオミ・クラインの「これですべてが変わる」上映会
http://kokucheese.com/event/index/360961/

2016年1月28日 「文明病の体質改善を考える」勉強会
http://kokucheese.com/event/index/361237/
ぜひ、お申し込みください。



◆◇◆目次◆◇◆
◆◇◆1.  What’s New? ファシリテーター養成講座スピンオフ企画
◆◇◆2.  2015年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ
◆◇◆3.  ERICのテキスト在庫処分中! 受付は12月末まで。
◆◇◆4. by ERIC これまでの活動


◆◇◆1. What’s New? ファシリテーター養成講座スピンオフ企画◆◇◆

ここ2-3年、主催研修参加者に化学物質過敏症の方がいらっしゃいます。
参加申し込みの方には「研修参加にあたってのお願い」などの文書を事前に送って、参加にあたっての配慮をお願いしています。

香料の強いシャンプー、洗剤などの使用を控えていただくというのがお願いの中心ですが、意外なことに柔軟剤などが、何度洗濯しても落ちないなどの課題も見えてきています。

わたし自身は電解水洗濯機を使っているので、もう十数年?洗剤を使わない生活をしてきているので、世間でどれほど柔軟剤や香料のきつい洗剤が使われているか知らなかったのですが、わたしの子どもの頃の3倍以上の生産量になっていることを知りました。

http://www.live-science.com/bekkan/data/senzai1.html

一人当たり一日6Lの石油を使っていて、このうちの5分の1が原料などとして使われています。
https://oil-info.ieej.or.jp/whats_sekiyu/2-3.html

そして、なんとエネルギーはわたしの子どもの頃の4倍にもなっているのです。
http://www.hkd.meti.go.jp/hokno/graph_oil2013/graph2013.pdf

グラフを見てわかるように、「再生可能エネルギー」なんて、まだまだ微々たるものでしかありません。

わたしたちの社会は「化石燃料依存症」なのです。

パリで開かれていたCOP21は、二酸化炭素の削減にすべての国が取り組むことに合意しました。議論では主に燃料としての石油・石炭ですが、その他、原料としての石油の有用さを鑑みる時、わたしたちは、石油依存から抜けることができるのでしょうか?

地球温暖化というのも「化石燃料依存」の病理ですが、それ以外にも「化学物質過敏症」のような病気も生み出しています。そもそも化学物質がなければ、過敏症にもならないのですから。

障害のある人々が社会に出て行きにくいのは、社会に障害があるからだと、社会的障害という概念で、責任は社会の側にあると主張しています。

障害者差別解消法は「合理的配慮」を求めています。

同様に、わたしたちがその有利性を享受している石油文明の結果、生み出されている病理については、個人がその負担を負うのではなく、社会がもっと「社会的障害」を削減するように努力する必要があるでしょう。化学物質過敏症の人たちが、もっと社会に出て行きやすくするために。

「文明病の痛みと負担は誰が?」
http://ericweblog.exblog.jp/19526903/
http://ericweblog.exblog.jp/19501478/

スピンオフ企画第一回は、COP21に合わせてナオミ・クラインの「これがすべてを変える」上映会を開催いたします。

■ This Changes Everything「これがすべてを変える」紹介ビデオ9分もおすすめ!
http://www.theguardian.com/business/video/2015/mar/06/this-changes-everything-naomi-klein-oil-video

ナオミ・クラインは、気候変動の問題に取り組もうとは考えていませんでした。しかし、環境破壊と不平等の関係に気づいたとき、すべが変わりました。ナオミの故国、カナダでは、政府がアルバータの油砂(タールサンド)に石油を求めてむらがる企業にほとんど野放しのような許可を与えました。その結果、フォート・マクマレイのような町が生まれました。世界の環境保護活動家たちと同じく、アルバータの先住民の人々も環境破壊に反対して立ち上がりました。世界に点々とちらがっているこれらの気候変動と不平等についての運動をどうつなぐことができるのでしょうか。
これは、まだ作業中のものを編集したものです。劇場映画のような長さの「これがすべてを変える」は、Avi Lewisが監督し、今年、公開されるでしょう。
ナオミ・クライン、チャーリー・フィリップ、ジュリエット・リデル、アビ・ルイス、シャイ・ロドゴウスキー


■ナオミ・クラインの仕事

○ナオミ・クラインは『ノー・ロゴ!』で国際デビューしたジャーナリストだ。

有名商品がどのように売り込まれていくか。ブランドなんか要らない。
http://ericweblog.exblog.jp/3291838/
それは商品だけのことではない。政治家だって「ブランド戦略」だ。わたしたちは「売り込まれる」時代にいる。消費の時代。消費するためのお金のために働く時代。

○ナオミ・クラインの告発第二弾は衝撃的だった。

ショック・ドクトリン 惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン、岩波書店、2011
http://ericweblog.exblog.jp/18813065/
そして、3.11によって、わたしたちも惨事便乗型資本主義の正体を見た。
いや、いまも続く、わたしたちが目撃しているものは「惨事便乗型政治改革」である。緊急事態の名の下に個人情報が把握され、官僚の裁量が拡大し、安全保障関連法が整備され、民主的意思決定の手続きが無視される。
いま、わたしたちは惨事便乗型復興推進と経済政策と政治改革のトリプルで目撃している。緊急事態宣言をやすやすと認める心へと、誘導されていく。

わたしの好きなジャーナリストです。

彼女の紹介および上映会の紹介についてはブログを参照してください。
http://ericweblog.exblog.jp/21919196

こくちーずはこちらから
12月23日 ナオミ・クラインの「これですべてが変わる」上映会
http://kokucheese.com/event/index/360961/

スピンオフ企画第二回は、この映画の内容を受けて、これまで化学物質過敏症の人に対して「合理的な配慮」をどのように行うことができるかを考えてきたことを一歩すすめて、文明病の体質改善にまで踏み込んで、問題提起を広げていくための研修プログラムを考えていきたいと思います。1月だけでなく、2月にももう一度行う予定です。

2016年1月28日 「文明病の体質改善を考える」勉強会
http://kokucheese.com/event/index/361237/
ぜひ、お申し込みください。

キーワードは「インクルーシブ」包摂的な社会デザインとしての教育のあり方ということです。特に、文明の闇の部分にかかわるものをどのように「抱きしめる」ことができるか。だんだんゲド戦記のような気分になってきましたが。

光あるところに必ず陰あり。文明の力が強ければ強いほど、それは均質化と波及力が強いということを意味するのだが、その排除の力、否定の力も強くなる。ゆるやかに、多様な存在を包摂することができる文明へと、近代の人間化へと舵をきる時が来ていると思います。

そして、その鍵は教育に、広い意味での学びに、そして学び続ける個人と社会にあるのではないでしょうか。


◆◇◆2.  2015年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ5本終了しました。◆◇◆

前期のテーマ・コース三本とスキル・コース2本が、いずれもゼミ程度ではありますが、新たな参加者を得て、無事終了しました。
去年採択されたesdGAPおよび持続可能な開発目標(SDGs)は、これからのわたしたちの社会のあり方を導く道しるべであるのですが、特にesdGAPは教育にとっての重要な指針です。
毎回、esdとしてどうよ?というふりかえりを入れるだけで十分かどうか、2016年の課題としたいと思います。

そんな2015年をふりかえり、そして2016年度に橋渡ししていくのが年度末3月に開催する「TEST教育力向上講座」です。3月下旬を予定しています。ぜひ、開催日時についての御要望をお寄せください。

■これまでの主催研修の記録はホームページおよびブログに載せています。ERICホームページはこちらから。
http://www.eric-net.org/by-eric.html#AT

以下は、ブログ記事です。
■2015年(平成27年)6月27日28日テーマ「国際理解」 
http://ericweblog.exblog.jp/21486407/

■2015年(平成27年)7月25日26日テーマ「PLT木と学ぼう・環境」  http://ericweblog.exblog.jp/21488427/

■2015年(平成27年)9月26日27日テーマ「人権」 
http://ericweblog.exblog.jp/21688691

■2015年(平成27年)10月24日25日スキル「対立から学ぼう」 
http://ericweblog.exblog.jp/21780337/

■2015年(平成27年)11月28日29日スキル「未来を学ぼう」
http://ericweblog.exblog.jp/21882789
[PR]
by eric-blog | 2015-12-22 11:40 | ERICニュース | Comments(0)
<< ジェンダー・ギャップ・レポート... PLT研修 in たきがわ >>