LB テンジン 異文化の出会い方

テンジン 異文化の出会い方

異文化が出会う時、どちらに「政治的な力」が強いかと、実際の人口構成がどうであるかによって、出会いの問題が異なる。


多数派|少数派人口的多数人口少数
人口的多数アフリカ系アメリカ人
(政治的多数派との人口的拮抗関係)アボリジニ
(圧倒的多数による少数民族支配)
人口的少数植民地
(少数の支配者層による多数派の支配)テンジン
(少数の白人が、登山という限られた機会において、限られた少数者と接触する)

a0036168_10225988.jpg

アボリジニは、植民地という構造の中の、人口的少数派の先住民問題である。

当初は、「分離」という政策がとられたが、次に「保護」によって親子分離が行われ、白人化が目指される。そこからさらに「権利の再確認」が起こるのだが、そこでも、常に、「植民地」であることのパワーバランスは働いている。


■LB13-29 ワークショップ・ワークショップ テンジン
エベレスト登頂から50年。非ヨーロッパ人の側から語られるものは何か。異文化との接触の分析から、多文化主義という概念に取り込まれている自分たちに気づいたワークショップ報告。
[PR]
by eric-blog | 2015-07-10 10:23 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)
<< 暴力と人権 戦争不参加宣言 >>