アクティビティ「貧困について」

アクティビティのアイデア「貧困について」

1. 「生活保護」出発点「知っていること・知りたいこと」をまとめてみましょう。

2. 「生活保護」を切り詰めるとどうなる? 連想図を描いてみましょう。

3. 働くことができない、できなくなったという時に、「セーフティ・ネット」のない社会に生きることのリスクはなんでしょう?

4. 「貧困なる社会」とは、貧困を見過ごす社会のことではないでしょうか? 貧困解消のために「やれる・できる・がんばる」「個人でできること・仲間と取り組むこと・社会がやるべきこと」をできるかぎり多様に、多種に、たくさん、考えてみましょう。




【参考情報】

市民性教育には「基本的な市民的諸権利」についての学習と、「市民性のための教育」の二つの方向性がある。
貧困学習も「貧困者のための権利」について学ぶことと、「貧困解消のためにできること」を考えることの二つがある。

http://ericweblog.exblog.jp/20283993/
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/44/index2.html

「ベトナムの人が考える貧困」
『いっしょに考えて! 人権』より
[PR]
by eric-blog | 2014-10-13 17:08 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)
<< 密室の暴力  生活保護へのバッシングと貧困ビジネス >>