九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響

九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響
加藤直樹、ころから、2014
2202冊目

「右翼政治家たちがけしかけ、メディアが展開する、集団ヒステリーのような「非人間化」=レイシズム・キャンペーンを誰も疑問に思わない状況。それはどこにたどり着くのだろうか。私たちはそのなかで、いつまで当たり前の共感を手放さずにいられるだろうか。」205

「様々なアイデンティティーをもつ人々が行きかう東京が、私は好きだ。しかし、そうした多様性を豊かさへと育てて行くには、努力が必要なのだと思う。関東大震災時の虐殺を隠蔽せずに記憶しておくことは、その一部である。」あとがき、p.215

ヘイトスピーチに抗して新大久保に毎週のように通ったという著者によってまとめられたこの本は、単なる記憶の書ではない。いまにつながる何かが、そこにあると見たために、まとめられたのだ。

日本だけでもない。『災害ユートピア』というレベッカ・ソルニットによる本では、2005年のハリケーン・カトリーナによる被害を受けたニューオリンズで起こったことは「エリート・パニック」と名付けられている。保安官が噂を流して自警団を暴走させたのだ。192

それはまったく関東大震災の時に起こったことと同じである。関東大震災の時、流言飛語を飛ばしたのは正力松太郎である。さまざまにあがってくる情報に対し、パニックを起こした彼は、「朝鮮人が謀反を起こしているといううわさがあるから触れ回ってくれ」と新聞記者たちに要請したのだ。40

これが流言にお墨付きを与えることになる。

しかし、彼がその責任を問われて処罰されることはなかった。

同じことが石原慎太郎発言でも繰り返されているのだ。無批判に。
196

一方で、もちろん、警察署が駆け込んだ朝鮮人らを保護したケースもあった。しかし、寄居署に保護された具学永の場合は、留置所に押し寄せた群衆によって、なぶり殺される。9月6日のことである。100

寄居の町では知らない人はいなかったとされる飴売りだった具。その隣人の死に対して墓が建てられたという。名前と出身地がわかり戒名がつけられているこのケースは、稀有な例だという。101

寄居、正樹院
http://tokyo1923-2013.blogspot.jp/2013/09/1923962.html

a0036168_9585692.jpg

a0036168_9591055.jpg


正力や石原のような権力者に対抗するのに、「当たり前の共感」だけに頼っていていいのか? それが私が感じた疑問である。

これを読んでほしい。

■人権と死刑
欧州連合は世界中で死刑制度が廃止されることを求めています
http://www.euinjapan.jp/world/human/penalty/

彼らは言います。

「暴力の連鎖を暴力で断ち切ることはできません。生命の絶対的尊重というこの基本ルールを監視する立場にある政府も、その適用を免れることはできず、ルールを遵守しなければなりません。さもないと、このルールの信頼性と正当性は損なわれてしまいます。」

そして、彼らは確信している。
「死刑廃止の是非は、世論調査によって決めるべき問題ではありません。」

==============
エリート・パニックとは、権力者が、自分自身が抑圧している対象の影に怯える現象だ。そして、その抑圧の手先として大衆を動員するファシズムである。

ファシズムの語源は「団結」である。

それに対抗するのは「一人ひとりの人間の尊厳」なのである。

さてはて、「当たり前の共感」は、ファシズムに対抗できるのか。

この距離がなあ。国際理解教育には埋めがたい課題なんだよなあ。

いちばん主張が近いのは、「さらば独裁者 1945年以降を生きる私」としてスピーチをした
辛淑玉さんかなあ。

■2014/04/25 緊急集会「さらば、独裁者 徹底検証 暴走する安倍政権」 講演 鈴木宗男氏、辛淑玉氏、小森陽一氏ほかhttp://iwj.co.jp/wj/member/archives/20900
辛さんのスピーチは1時間27分あたりから。

アウシュヴィッツから始まり、アンネ・フランクは戦争で死んだのではなく「人種差別で死んだのだ」と中山成彬氏のコメントを批判、そして安倍首相の「たとえどこかの外国で日の丸が焼かれようとも、わたしたちはその国の国旗を焼いたりしない」という自民族優越主義を批判し、そして、1945年以降のわたしたちの生き方を問うている。

1945年、そして1947年の世界人権宣言。国家権力による人権侵害は認めない。国際社会は断固としてこれを阻止するために動くという決意。

それが、死刑という国家権力による基本的人権の侵害は、これを認めない。というところにまで合意がすすむのに、半世紀がかかった。

その間、日本は何をしていたのか。

『明日は 騒乱罪 学校にない教科書』という1980年に出版された本の完全無修正復刻版を読みながら、
1980年代からやり直しなんだなあと、改めて、自覚を深めている。

なんだかなあ。青木保さんが指摘した「日本文化の重層性」というのは、進歩主義史観とは真逆なんだよね。
[PR]
by eric-blog | 2014-05-07 08:31 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)
<< 河野談話つぶしを許さない!  ... 線路はつながった 三陸鉄道 復... >>