TPP・自由貿易協定について『ペドロの開発』から考える

『死に向う開発』Developed to Deathの著者であるテッド・トレイナーさんが開発したロールプレイの台本。

以下からダウンロード可能です。
http://www.eric-net.org/news/pedro.pdf

『環境教育指導者育成マニュアル』p.108からp.116にはシーン1からシーン3およぴ「しかし、違う終わり方があっていいはずだ」を収録しています。一時間程度の授業時間では、それぐらいがマックスです。

ただ、役割を割り当てて読むだけで、その後の話し合いのきっかけには十分です。

******************
シーン1 途上国における開発の問題
シーン2 市場経済のメカニズム          途上国における富裕層と貧しい人々の問題
シーン3 グローバルな資源の配分      途上国と先進国の格差の問題
シーン4 不適切な開発                     開発のための投資が商品作物に集中するメカニズム
シーン5 土地
シーン6 彼らは何を生産するのか
シーン7 都市への人口流入
シーン8 農業の近代化
シーン9 援助
シーン10 環境への影響
シーン11 経済発展
シーン12 波及効果
シーン13 債務危機
シーン14 すべての人が豊かに?
シーン15 共産主義による破壊工作

しかし、違う終わり方があっていいはずだ。

********************
いま、日本は、中国が参加していない貿易協定に参加して、米国による中国包囲作戦に嬉々として参加していこうとしているようですらあります。

TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会が結成され、知識人レベルの人々の間でもさまざまな危惧の念が表明されるようになりました。

これは『ペドロの開発』のシーン3から4の段階だと言えます。日本は先進国などではなく、途上国であり、『ペドロの開発』でペドロに起こっていることは、これから日本でも起こることになるでしょう。

このシステムで「勝つ」のは誰なのでしょうか?

【話し合いのための問い】
・なぜ、国内で「より貧しい人々」のニーズが満たされないのでしょうか。
・なぜ、世界で「より貧しい国」のニーズが満たされないのでしょうか。
・「自由貿易」の問題点と利益はそれぞれ何でしょうか。
・現在の世界で、「自由貿易」の不利益を避けるために取られている対抗措置には何があるでしょうか。

以下のビデオも、参考にしてください。

「不平等な条件にある人を平等に扱うだけでは、結果は不平等である。」ジョン・フィエン、ブリズベン大学環境教育センター長

◯簡潔な黒人と白人の差別と逆差別の歴史。
「もちろん、助けたりしないさ。逆差別になるからね。」http://leftycartoons.com/a-concise-history-of-black-white-relations-in-the-united-states/


【関連記事】
特別投稿
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/93123
インタビュー記事
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/93621
弁護士たちからの問題提起
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/93613
[PR]
by eric-blog | 2013-07-30 15:18 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)
<< 緑の資本論 NWG ■食べ物の神話と事実 >>