NWG ■食べ物の神話と事実

New Wave Geographyより

■食べ物の神話と事実

世界のほとんどの地域では、どんなに一生懸命働いても、十分な食べ物を手に入れられない人々がいます。しばしば、富裕な国の人々は、その理由は、これらの国における人口が多すぎるからだと信じています。
また、これらの貧しい国家は、戦争、病気、干ばつ、その他の災害によって、十分な食料を生産することが阻まれているのだと考える人もいます。
世界の食料資源について、オーストラリアの人が考えていることで、正しいこともあります。しかし、ほとんどは間違いです。世界の食料資源についてのいくつかの説明が、下にあげられています。あなた方の課題は、それぞれの説明を検討し、どれが事実で、どれが神話か判断することです。

【グループ活動】
・4人ないし5人のグループになる。それぞれのグループは、「説明文カード」と「情報カード」のコピーを入手する。メンバーの一人がカードを切り離す。グループには、それぞれ10枚のカードが二セットあることになる。
・説明文カード10枚を真ん中のテーブルの上に、表を向けておく。
・同様に、テーブルに、情報カードを裏向きに置く。
・順番に、メンバー一人ずつが、一枚の説明文カードを手に取る。それをみんなに読み聞かせる。グループで、その説明文が「神話」であるか「事実」であるかを検討する。もしも、「神話」と判断されたら、カードに「M」と書く。もし、カードが事実だと思われたら、「F」と書く。カードを表向きにしたまま、テーブルに戻す。10枚の声明文すべてが読み上げられるまで、続ける。
・順番に、一人が一枚ずつ「情報カード」をめくる。読み上げる。
・それぞれの情報カードを適切な説明文カードとマッチングする。それぞれの説明文の「神話」か「事実」かの判断は正しかっただろうか。
・グループで、次の質問に対して答える。
A)どの説明文がどの情報カードと適合していたか。
B)世界は、世界中の人々を養うのに十分な食料を生産しているか。
C)貧しい国の農民は富裕な国の農民より生鮮性が低いのか。
D)あなたは、貧しい国の多くの人々が十分食料を得られない理由はなんだと思うか。
E)あなたは、貧しい国の人々が世界の食料資源のより公正な分け前に与れるようになるために、どんなことができると思うか。

【説明文カード】
説明文カード1
東南アジアのある場所では、伝統的な農法を行っている農民は、ヘクタールあたり世界でもっとも多くの穀物を生産している。

説明文カード2
1981年、世界には飢えた人々がいるにもかかわらず、米国では800万トンの穀物が焼却あるいは海洋投棄された。

説明文カード3
小規模な農場の貧しい農民は、大規模農地の豊かな農民ほど、食料を生産していない。

説明文カード4
世界の主要な食料は、米や小麦などの穀物である。しかしながら、世界の穀物の半分が動物のえさになっている。

説明文カード5 
貧しい国の農民は食料生産を増やすために農業機械を購入し、稼働させるコストを賄うことができない。

説明文カード6
貧しい国の中には、農民が小麦などの食料作物よりも、綿花などの換金作物を生産することを奨励されているところもある。

説明文カード7
小規模農地は非効率である。

説明文カード8
世界は世界中の人々を養うのに十分な食料を生産している。

説明文カード9
人口密度の高い国こそが、人々を食べさせるのに十分な食料のない国である。

説明文カード10
貧しい国の農民は、しばしば、彼らの作物の大部分を土地所有者にあげなければならない。

【情報カード】
a0036168_1221834.jpg


情報カードA
ヘクタール当り最大の穀物生産は東南アジアのデルタ地帯で達成されている。そこでは、1年に三期作で米が生産されている。

情報カードB
毎日、世界では、一人あたり12570ジュールは行き渡るだけの食料を穀物だけで生産している。このカロリーには豆、イモ、果物などのカロリーは含まれていない。

情報カードC
世界の穀物の大部分は、食肉生産のために家畜に与えられている。

情報カードD
小規模農家は大変効率がよい。なぜなら、
・手植えによって、作付けの列の幅を狭くできる。
・作物を混作することができる。
・動物と植物を同じ場所で育てることができる。

情報カードE
トラクターなどの農業機械を動かすのに石油が使われている。農地での機械の利用が大きければ大きいほど、石油価格の高騰が、食料生産のコストを押し上げる。

情報カードF
1平方キロメートル当り5人の人口密度のボリビアでは飢饉が起こっている。オランダは1平方キロメートル当り326人の人口密度だが、飢饉は起こっていない。

情報カードG
アフリカでは、質の高い草地は、綿花やピーナツなどの商品作物を生産するのに使われている。

情報カードH
エルサルバドルでは、記録的な収穫をあげています。しかし、わたしは、その半分を土地所有者に渡さなければなりません。

情報カードI
米国では、穀物生産に余剰が生まれすぎた場合、小麦の価格低下を防ぐために、海に捨てられる。また、これらの穀物を一時的な食料危機に陥っている国々に輸出するのは、輸送量がかかりすぎると考えられている。

情報カードJ
インド、アフリカ、ラテンアメリカなどでは、小規模の貧しい農民たちのヘクタール当りの生産性の方が、大規模農家よりも高い。
[PR]
by eric-blog | 2013-07-30 12:21 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)
<< TPP・自由貿易協定について『... NWG ■食べ物とエネルギー >>