ERIC教材 『テーマワーク』 夏休み、課題研究をすすめるために

テーマワーク - グローバルな視点を活動の中で育てる -
開発教育センター編、ERIC国際理解教育・資料情報センター編訳、1994年出版
価格¥2,500  注文番号 TW-25
http://www.eric-net.org/text01.html

子どもが飛びつく活動、真剣に話し合うための教師のちょっとした工夫を盛りだくさんの本です。
プロジェクト学習や、夏休みの課題研究をすすめる上でも、役立つアイデアが満載です。
『参加型で伝える12のものの見方・考え方』同様、「分類する」「ランキングする」「ロールプレイ」などの
「考え方」「分析の枠組み」をたくさん紹介しています。

まずは、「連想図」で「なぜ、テーマワークをすることが大切なのだろうか」から始めましょう。
子どもたちにどんな力をつけたいのでしょうか?

a0036168_12555536.jpg


話し合い学習をすすめる時、教師はどのような役割を果たしているか、自分自身のパターンと、どのパターンにも限界があることを、自覚しておくことが大切です。

一学期のあなたは、どのパターンが多かったですか。どのモデルを実践したいと思っていましたか?

a0036168_12593487.jpg


そして、子どもたちの参加にも、パターンがあります。こんな子ども、あなたの教室にいませんか?

a0036168_1342683.jpg


コミュニケーションとは人間関係の中で起こっています。人間関係には「力」が働いています。『レッツ・コミュニケート!』の「支配するコミュニケーション」で、コミュニケーションに働いている力を知ることで、対策や手だてを講じることが可能になります。まずは、自覚をうながすことから。

a0036168_1313343.jpg

[PR]
by eric-blog | 2013-07-20 15:23 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)
<< 参議院選挙2013 Issue... ERIC教材 NWG■ 「老い... >>