スキル「あなた」 2017年10月28-29日 ESDファシリテーターズ・カレッジ2017



ERICの研修はすべて「参加型」のアクティブ・ラーニング。経験学習の四段階で進めます。 


経験とふりかえり、ふりかえりと学び、学びと実践を「行きつ戻りつ」するW型を繰り返して、実践力であるスキルに習熟していきます。


a0036168_12321966.jpg






■二日間のプログラムの流れ


セッション1 共通基盤づくり「あなたは言える?

11:00-13:00

1. 研修への期待

2. 「わたし」から「あなた」へ

  ・マイクロアグレッション 共感ではなく、「わたし事」に

  ・あなたなら言える?

3. 「わたし」を育てるアサーション

4. 話し合いの心がけ


セッション2 流れのあるプログラム「アサーション・トレーニング」

14:00-16:00

1. アサーションって何だ?

2. 非攻撃的自己主張を可能にするもの「誰対誰」

3. ダブル・バインドが阻む自己主張

4. あなただけじゃない。アドボカシーにつなげよう。


セッション3 ふりかえりと学び

16:00-18:00

1. できている事、課題

2. 人権を通しての教育を実現するには

3. アドボカシー、協力の崩壊。何が今の危機をもたらしているか?

4.  Whole School Approach, Learning Organization, 生涯学習社会


二日目

セッション4 アクティビティ、プログラムの開発

9:00-11:00

1. 「関係性」の力を阻むもの

2. スキルを育てる五つの手立て

3. 手立てをカリキュラムに鏤める


セッション5 アクティビティ実践

12:00-14:00

1. ファシリテーション実践の評価と点検


セッション6 ふりかえりとまとめ

14:00-16:00

1. ファシリテーションのふりかえりと成長の課題

2. 個人的行動計画

3. アドボカシーにつなげよう

4. 修了証




■スキル「あなた」について


『対立から学ぼう』は対立を「誰対誰」で分類して、次のように整理しています。(p.103)


自分 vs. 自分内的対立=自己矛盾や葛藤のことですね。

人 vs. 人個人間対立=考え方や価値観の違いから来る対立。

集団 vs. 集団グループ間対立

国 vs. 国国際的対立


ERICでは、これらの分類に当てはまらない対立として「日本型コンフリクト」という対立を研究し、定義するに至りました。それは「個人 vs. 集団的伝統的価値観を体現していると思っている個人」の間の対立です。


一方で、「対立の扱い方」の一つ、アサーション、非攻撃的自己主張の考え方は、黒人差別や女性差別に対して、攻撃的にならずに、しかし、受身的でも我慢するのでもなく、自分自身の感情と価値観をしっかりと表現する方法のことです。


というのも、確かに黒人差別、人種差別、女性差別に対して、被差別者は集団で戦い、権利を認めさせ、回復してきました。しかし、日常生活では、被差別者がいつも集団を頼みにすることはできません。個人として「集団」の価値観を背景として差別的な扱いをする人、抑圧する人に対抗する必要があるのです。


そういう意味では「アサーション」というのは日本型コンフリクトにおいても有効な、被抑圧者が習熟すべき自己主張の方法であると言えます。


それは「マイクロアグレッション」や「レイシャルハラスメント」についても同様です。これらは支配的な「力」の側、多数派側の集団を背景にした価値観と、被差別者という集団の対立であり、その対立は必ず「個人 vs. 個人」として、わたしたちの日常に出現するからです。


「個人」が不在の「集団」はないのです。


徹底的に「アサーション」を習熟しましょう。バリアはどこにあるのでしょうか?


支配者側でありたい、そこに擦り寄りたいという願望が、最大のバリアなのではないでしょうか? 主張することで不利益を被るから、主張できないのではないでしょうか? 


アサーションは、そこへの手立てを持っているのでしょうか? だからこそ、アサーションの背景に「アドボカシー」を行使する必要があるのです。アサーションがさらなる隠れた差別の助長に繋がらないようにするための社会的圧力です。


個人と集団、その間の手立ての補完作用と相乗効果が必要なのです。運動と繋がらないアサーションは、被差別者の不利な扱いを改善することにはつながらない。


そのことを今回の研修ではしっかり確認したいと思います。


では、どこで、どのように運動とつながればいいのでしょうか?


『女たちの避難所』、性暴力への訴え、

『どん底』を通して、運動と個人の関係を考えたいと思います。


■ちがい ドキドキ 多文化共生ナビ ~在日外国人教育実践プラン~

http://ericweblog.exblog.jp/237576902/


なくそう! 職場のレイシャルハラスメント

http://ericweblog.exblog.jp/237781140/


[PR]
# by eric-blog | 2017-10-21 12:34 | △研修その他案内 | Comments(0)

簡素な国

簡素な国

中村敦夫、講談社、2011

2912冊目


前書きに、この本の最終校正をしている時に東日本大震災が起こったとある。そんなタイミング。


1940年生まれの彼が、自分の考えを14の講義録にまとめたもの。


筆の立つ、俳優さんである。


『線量計がなる』という朗読劇の台本も、ご本人の手になるというのも宜なるかな。


第一時限 時代と個人史

第二時限 戦乱の拡大

第三時限 環境破壊

第四時限 人口爆発

第五時限 近代経済の崩壊

第六時限 日本の権力

第七時限 政界の事情

第八時限 スモール・イズ・ビューティフル

第九時限 仏教とエコロバー

第十時限 みどりの政治思想

第十一時限 南方熊楠の生き方

第十二時限 究極の幸福とは

第十三時限 食は地産地消

第十四時限 自然エネルギー


どれほど幅広いテーマに中村さんが関心を持ち、とり組んできたかがわかる。


■おすすめ映画『蟻の兵隊』

https://www.youtube.com/watch?v=wH92AduwJcU





a0036168_13061146.jpg




[PR]
# by eric-blog | 2017-10-20 13:06 | Comments(0)

新カナダ英語文学案内

新カナダ英語文学案内

藤本陽子、彩流社、2017

2911冊目


カナダの歴史博物館の一階にはトーテムポール関連展示とFirst Nation's Hallがあり、上の階にある展示とは別に、先住民についての紹介が手厚い。

また、美術館でも第一展示室に先住民芸術のコーナーが設けられている。


森林経営の話の中にも先住民の林地の問題が出てきていた。


しかし、カナダの全人口に対してアフリカ系、アジア系、先住民は合わせて6%なのだという。(M. Noubesse Phillips, p.85)米国よりもはるかに「ホワイト・オンリー」の国なのだ。しかも、その結果は、フィリップスが指摘するように、「大量殺戮プラス人種差別」の結果であり、帝国主義、資本主義、植民地主義によってマイノリティが抹殺されてきた結果なのだ。


ジョイ・コガワさんの南京大虐殺記念日の制定に賛同する声明からこの本に至ったのだが、藤本さんの書評などを、著者の死後にまとめたものらしい。


2008年北海道新聞に藤本さんが寄せた文。


「ハーパー連邦首相の先住民寄宿学校問題公式謝罪」

2008611日、首相が1870年代から一世紀に渡る同化政策としての寄宿学校制度について謝罪。212


「真実和解委員会」212


「寄宿学校制度の爪痕 カナダの先住民作家と英語の関係」p.232-


カナダという国の「余裕」は、この白人比率の高さにあるのかもしれない。


■ジョイ・コガワさん

http://ericweblog.exblog.jp/237862445/



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-20 12:54 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

中学生を担任するということ 「ゆめのたね」をあなたに 生徒指導・道徳教育・特別活動の現場

中学生を担任するということ 「ゆめのたね」をあなたに 生徒指導・道徳教育・特別活動の現場

高原史朗、高文研、2017

2910冊目


問題を起こした生徒を別室に移した時、保護者が怒鳴り込んできた。そんな扱いを受ける生徒とその保護者の気持ちがわかるのかと。


著者は、彼はずっとこう問い続けていたのだという。


「お前は、自分の都合を優先して、面倒なことはしないで済ますのか」

「お前は誰かに文句を言われないための保身で、先生をしているのか」

「問題を起こす生徒の気持ち・保護者の気持ちを本当に考えているのか」


生徒はずっといい子のはずがない。誰かが決めた「いい子」から抜け出していつか「自分自身」としていきていく。210


「教えるとは希望を共に語ること。学ぶとは誠実を胸に刻むこと。」

ルイ・アラゴン


生徒はトラブルを起こすもの。

それを共に考えることが担任の役割だ。


携帯電話を持ってきてはいけない。それはわかっている。ではどうするか。

一緒に家まで歩きながら、先生は子供と一緒に答えを探す。

学校には持ってくるなというルールは守る。罰せられなかったことを「ラッキー」と言いふらしたりしない。


ふふふ、面白いねぇ。



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-19 17:51 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

男装の科学者たち ヒュパティからマリー・キュリーへ

男装の科学者たち ヒュパティからマリー・キュリーへ

マーガレット・アーリク、北海道大学図書刊行会、1999

2909冊目

Hypatia's Heritage: A History of Women in Science from Antiquity to the Late Nineteenth Century

1986


何じゃ、このタイトルは?


内容には全く関係ない。ただただ目を引きたいためのものか?

マリー・キュリーの名前が副題にあったので、男装とはつながらず、???で借りてみた。


元の題はヒュパティア。どうりでで映画『アレクサンドリア』と繋がるはずだ。

http://d.hatena.ne.jp/nikubeta/20130627/p1


知性があり、教育を受けた人だけが挑戦することができる科学という世界。それは特権的なグループのもの。


女性についてはそれはさらに精選される。


彼女たちは上流階級出身であり、資産家である。


西欧社会は男性によって支配されてきた。時には女性科学者たちの成果そのものが彼女たちの名前では発表も記録もされなかったのだ。


しかし、歴史を遡ると食事の準備や皮なめし、染色などの作業に従事していた女性たちは植物学者であり、産婆であり、医者であったのだ。17


農業が男たちの領分になるようになって、それは紀元前1万年前くらいからのことだが、役割が変化してきた。


しかし、神話における女神の重要さも注目する必要がある。


プラトンのアカデミーに学んでいた女性たちは、男装していた。公共の会合から女性を排除する法律があったからだ。33


そして四世紀のアレクサンドリア。ヒュパティアの活躍は生涯が記録された初めての女性科学者。


宗教対立の末のヒュパティアの虐殺は、アレクサンドリアにおけるプラトン主義の終焉でもあった。60


講義を聞くために男装して紛れていただけでタイトルを「男装」とするのはいただけないなあ。


いずれにせよ、「魔女」と忌み嫌われた時代以前から、連綿と、女性たちの知識は継承されていたのだなあ。






[PR]
# by eric-blog | 2017-10-19 16:33 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

これがすべてを変える 資本主義vs気候変動

これがすべてを変える 資本主義vs気候変動

This Changes Everything2014

ナオミ・クライン、岩波書店、2017

2908冊目


気候変動条約国会議に向けてナオミ・クラインが映画をリリースしてからすでに2年が経過した。

http://ericweblog.exblog.jp/21919196/

http://ericweblog.exblog.jp/21862127/


この上下巻合わせて600ページ超えの大作がとうとう訳出されました。


主張していることは映画の内容と同じく、「気候変動はなかった」と主張する科学者たちの裏話、そして抵抗運動。


希望を感じるエンディングが本にもある。


終章「跳躍の年」

私たちはこの時代の申し子であり、支配的なイデオロギープロジェクトの産物なのだ。このイデオロギーは私たちに、自分が他人より少しでも優位に立つことで満足を手に入れようとする個別の存在に過ぎないと考えるように刷り込み、同時に大多数の人を、大きなコミュニティから切り離してきた。


気候変動との闘いは、世界観をめぐるはるかに広範な闘いの一部として捉えない限り、実を結ぶことはあり得ない。


共同性、共有、公共性、市民性、市民権という理念の再構築、再生させるプロセス。616


人々の思考回路そのものを変える。

最低所得保障を求める大連合。普遍的な社会的セーフティネット。


私たちを危機に陥れた物語に代わる新たな物語を語る。617


否認は、心の底には対応すべきという倫理的要請を持っていることの証。(カリ・ノーガード)

Kari Norgaard, Living in Denial: Climate Change, Emotions and Everyday Life, 2011


おおお、昨日の「記憶と忘却」にも通じるね。



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-19 10:23 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

講演録: 記憶と忘却 Memory and Amnesia

記憶と忘却

国際文化会館、20171017(火曜日)

講師: アンベス・R・オカンポ(アテネオ・デ・マニラ大学准教授)

モデレーター: 藤原 帰一(東京大学教授)

http://www.i-house.or.jp/programs/ihouselecture20171017/


歴史家としてオカンポさんは、フィリピンや日本社会に残っている様々な「記憶」を探り出す。その視線は、コンビニで売っている「ハロハロ」(実は日本のかき氷がルーツらしい!)、紙風船、街角の銅像など幅広い。つまらないことを覚えていることが面白いのだと言う。


同時に彼は「記憶していることと、忘れていることと。忘れていることは記憶していることの一部分なのだ」と指摘する。何を覚えていないか。


17-18世紀、そしてさらに16世紀まで遡りながら、昨日の敵は今日の友、その反対もとクルクルと変わってきた日比関係を紐解いていく。


国際理解教育カレンダーに、何を残そうか?

友好記念日である23日か、それとも外交関係が樹立された724日か。


何度も日本や中国を訪ねているオカンポさんが、長崎原爆資料館で気づいたことは、そこにアジアの被害の影もないことだった。


安来市加納美術館には、「赦し難きを赦す」と書かれた石碑がある。加納辰夫さんの平和活動を、いま安来市はユネスコ記憶遺産に登録しようと頑張っているようだ。

加納さんの平和運動は、1955Quirinoと出会ったことで始まった。

http://www.art-kano.jp


彼の祖父が、自分自身の妻と二人の娘を日本軍に殺されたが、1953年に114人の日本人POWに特赦を与えたのだ。彼が言ったことは「子どもたちに憎しみを相続して欲しくない」と言う言葉だ。


この行動で、祖父は彼自身の記憶からも解放されたのではないかと。


歴史はまた、人と人とのつながりのことでもある。フィリピン大使館は素晴らしい建物なのだが、オノ・ヨーコさんの生家でもある。


2016年に天皇皇后がフィリピンを訪問した際、「英雄墓地」を訪れた時、彼らが1分近くも深くお辞儀をし、それは日本人戦没者墓地でのお辞儀より長かったことを記憶する。


日本の神風特攻隊が最初に生まれたのもフィリピンで、そこには記念碑が建っている。なぜ、こんな碑をを立てるのかと言う指摘はある。

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/4b309fa13f13ef5d1e71dc856c152d24

(それを、このページが示すように、日本の右翼は、あたかもフィリピン人が特攻隊を英雄視している証しであるかのように、短絡しているのも笑止だが。)


この記念碑の話をオカンポさんは、「マルコス大統領を英雄墓地に埋葬すべきかどうか」の論争の流れで言ったのだ。日本の靖国問題が理解できた気がすると言って。


16世紀にはすでに1000人もの日本人がフィリピンにいた。スペイン人の残した地図が、今はメキシコに保存されているのだが、中国人街の記述がある。日本人街もそこにある。


高山右近は有名だ。彼の生誕地にも銅像があるが、実はフィリピンのマニラにもある。


長崎の殉教者たちは、ほとんどがマニラ経由で日本に渡っている。支倉の旅の記録があるが1619年の手紙で「お土産」を持ち帰ると書いていて、実際にはそのお土産は短刀だったのだが、インドネシアのもの。仙台に残っている。


16世紀の象牙装飾品にも「日本人女性La Japonesa」と名付けられた肖像画がある。


茶席での儀礼にもカソリック様式が影響していると指摘したら、日本人の友人はあまり同意しなかった。


NHKの黄金の日々は良かった。


フィリピンの英雄の愛人だった女性が雑司が谷霊園に埋葬されている。

山下公園にある初めてのフィリピンレストランKARIHAN LUVIMINは今は聘珍楼になっている。


マリアノ・ポンセは日本人の中村と親交があったが、フィリピンで「ナカムラ」と言うと安く物を買う行動のこと。

天ぷらも、ポルトガルからフィリピン経由で日本へ16世紀に。


オカンポさんは、写真も紐解く。日本人だと言って写っているのがSun Yat-sen (孫逸仙=孫文)であったり。


じゃんけんぽんもJack En Poy

TANSAN飲料もある。蚊取り線香はKatulだし。


さて、忘れたものはなんだろうか。


I enter the future with a memory of the past. Jose Risal


1954年のアジア競技大会での南部敦子さんの活躍が、日本人に対するフィリピン人の気持ちを和らげたりと。歴史は複雑だ。


Q&Aの時に、一人フィリピン人女性の肩が、自分の母があの時代のことを語りたがらない、80代の彼女の記憶を60代の私はすでに知らないと質問。

それに対してオカンポさんは「口承記録を集めるようにしている」と。過去についてRemain Angryしながら記憶するのか。


Q: 米国では南軍の像が破壊されている。

A: 9年間、政府の公文書館で働いていた。公式の歴史観しか語れなかった。多くのことに不同意であったが立場上仕方なかった。今は大学でも教えているが自由に語れる。批判的な観点もだ。歴史家は教科書を書かない。彼らが描くと細かすぎる。教科書は現場の先生に大筋を示して描きあげている。


Q: マッカーサー室というのがマニラにもあるようだが、彼の人気はどうなのか。

A: 彼の父が言っときフィリピン総統だったので。割と印象がいい。


Q: 安倍首相が2015年戦後70年談話についてはどう思うか。村山談話を引き継ぐと言いながら、「いいこともした。」という内容を加えたものだ。(読売、高山?)

A: どの談話か、読んだかどうかわからない。日本との関係は続く。

A: (藤原) それについては事前に要望を出している。期待通りではなかったが、あの談話のポイントは「ずっと謝り続けるのは嫌だよ」ということだ。多くの被害者の感情を踏みにじったと思う。


Q: フィリピンはスペイン、アメリカ、日本、そしてアメリカといろいろな国に支配されてきた。それぞれに国に対する印象はどうなのか。

A: 多くの人は教科書のイメージに支配されている。今の大人はマルコス時代に米国寄りで書かれた歴史書で育っているので親米だ。1898年に独立を奪った国なのに。

歴史家は、歴史を後になってから見るので、benefit of perspectiveが得られる。


とても面白かった。つまらないことを覚えていること。なるほど。

そして、「記憶」はとても政治的だということ。

慰安婦問題や炭鉱労働者、強制収容所などの「負」の記憶をなぜ覚えていようとするのか。それが課題だと思った。What & Why


Whyには多くの普遍性と共通項があるのではないか。



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-18 11:10 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

女たちの避難所

女たちの避難所

垣谷美雨、新潮文庫、2017、単行本2014

2907冊目


3.11の大津波の中で、家を流され、家族も流されて、避難所にたどり着いた三人の女性たち。


膨大な取材と支援団体への聞き取りなどから典型的に描き出した三つのケース。



生活力のない夫が、津波で亡くなったと思っていたらどっこい生きていて、「死んでいてくれたら」と願う50代の福子。義援金でB MWを買われたことでキレル。


乳飲み子を抱えて、夫を亡くし、舅と義兄によって「世帯」に配分されるお金をほしいままにされ、また、四人での同居を前提に物事が進められていく若い遠乃。


シングルマザーで小学生を育てている渚。夜の商売をしているために息子は学校でいじめにあっていたことを避難所生活で知る。


避難所で互いに寄り添っていく彼女たち。



ストーリーと感想がよくまとめられているのはこちら。

http://bookrepo.com/book_report/show/373541


背景となる情報もたくさん紹介している東日本大震災女性支援ネットワーク「物を言えば居心地が悪くなるだけ。」

http://risetogetherjp.org/?p=1354


そんな「対立」をどうすればいいか。


今月末の研修で考えたい。20171028-29



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-18 10:03 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

戦争の教室

戦争の教室

松本彩子編、月曜社、2014

2906冊目


1900年からの、年代ごとの生まれ年の人々による戦争と平和に関する絵画、エッセイ、その他のアンソロジー。494ページ。78人。


安世鴻さんの重重も写真だけだが、紹介されている。1971年生まれ。


でも、1950年代生まれの人々に対して、特に親近感があるわけでもないなあ。


嫌いな人が紹介されているわけでもないから、


とりあえず、少しずつ、読もうかな。



[PR]
# by eric-blog | 2017-10-17 12:02 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

CHAVS The Demonization of the Working Class

CHAVS The Demonization of the Working Class

チャヴ 弱者を敵視する社会

オーウェン・ジョーンズ、海と月社、2017

2905冊目


階級社会イギリスでも、経済成長の時には中流層が増え、そして階級を意識することは減っていた。


結果、かどうかわからないけれど、労働組合が弱体化、景気がよくなり、企業の業績が上がっても労働者の賃金は増えないという事態が進んでいる。


本書は二つの失踪事件の対比から始まる。同じような年頃の女の子だ。一方は捜索願が出され、懸賞金までかけられる。一方はその失踪の事実さえ報道すらされない。


そして、生活保護を受け、私生児を生んでいるその親たちに対するバッシングさえ始まる。


労働者たちの敗北はどこからきたのか。


サッチャー政権下での1984年の炭鉱ストライキ潰しか。

キャメロンの切り捨てか。


チャヴ・バッシングのためにサッカーのチケットの値上げすら行われた。


1980年代が転換点だったと映画監督は言う。メディアで労働者階級を貶めることが認められたのだと。139


チャヴスカム。


日本における生活保護不正受給追求と同じ手段が使われたのだ。代表例でも、大多数でもない例をとりあげて、ヘイトを煽る。39


メディアの世界そのものが、若者に投資する力のある階層出身者だけのものになってきているのだ。38


チャヴを攻撃するのは保守政権にとって都合が良い。労働者階級にとって不利な経費削減を行いたいからだ。108


北欧系と英米系。


なんだか不幸な対比であるが、どうやら日本は英米系に構造的に近づいているようだ。




[PR]
# by eric-blog | 2017-10-17 11:37 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)